遺品整理と形見分け

葬儀や法要が一段落すると、遺族は遺品整理と併せて形見分けを行います。遺品の数が多い場合は、整理するために多くの時間を要することもあるでしょう。こちらでは、遺品整理と形見分けについてご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

遺品整理をするなら

遺品整理をするなら一口に遺品と言っても、家具・家電製品・衣服・書類など様々なものがあります。まずは、多くの遺品の中から残すものと処分するものに分類しなくてはなりません。

不用品があれば、地域ごとに異なる処分方法に従い処分します。思わぬ場所から大切なものが発見されるケースもあるので、どこに何を保管しているのか把握していない場合は、一つひとつを丁寧に確認しましょう。

遠方にお住まいの方や時間がないという方は、なかなか遺品整理をすることができずに困ってしまうこともあるのではないでしょうか。その際は、桶川市にある当社へお任せください。大切な遺品の整理を親切・丁寧に行います。

形見分けをする際に気をつけたいこと

形見分けをする際に気をつけたいこと形見分けは、故人と親交のあった人へ贈ります。四十九日法要が終わった後に、形見分けの準備を行いましょう。贈るものを選別する際は、贈る相手の年齢や親交の度合いなどを考慮し選ぶことが大切です。

ラッピングは、シンプルな紙を用いて簡単に包みます。表書きには、「偲び草」や「遺品」などと記し直接手渡します。高価なものを形見分けすると、相続財産とみなされて贈与税の対象になってしまうこともあるので、注意が必要です。相手の負担になるようなものを贈ることは避けましょう。

桶川市周辺で遺品整理を依頼する際は、ぜひ当社へお任せください。遺品の数や規模に関わらず、大切な遺品の片付けを丁寧に行わせていただきます。要望通りの作業を行うために、必ずお伺いしてお見積もりを取らせていただいておりますので、安心してお任せください。不用品の処分やハウスクリーニングなども承っておりますので、お困りの方はお気軽にご相談ください。